So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

庭野日敬氏の提唱した明るい社会づくり運動のポイントー悲鳴を聞き分ける [明るい社会づくり運動のポイント]

あなたには、

現代社会が訴えている悲鳴が聞こえていますか。



それどころではない、

「自分の生活を守る事で精一杯だ」と

お考えでしょうか。



私達は今、

現代社会が訴えている様々な声を聞き分ける事が、

求められているように思いますが、

あなたはいかが思いますか。


river_00027-1.jpg


庭野日敬師は、

平成4年の開祖随感の中で以下の事を述べています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「悲鳴を聞き分ける」

「お母さんなんか死んでしまえばいいんだ」と

わが子に言われたら、親は動転してしまいます。


しかし、

それが追い詰められた子どもの

親に助けを求める悲鳴なのですね。



言葉と心は、

必ずしも一つではないのです。



「頼みもしないのに、

なんで私なんか産んだのよ」などという言葉で

カッとなるようでは、親として、まだ駆けだしです。


子どもがどんな思いで

そんな言葉を親に投げつけるのか、

考えられる心のゆとりを持つのが親の愛情です。


そのゆとりがないと

言葉のどぎつさに引っかかって、

怒りだしたり、

目の前が真っ暗になったりしてしまうのです。



そんな言葉が

どうしてわが子の口から出てきたか、

その心の奥の奥を

見通せるようになるのが「真観」です。



会社帰りのサラリーマンが

帰宅の途中で一杯やりながら会社の批判をし、

上役をこき下ろしている姿を

よく見かけますが、

これも、悲鳴なのかもしれないのです。



観世音菩薩が

どんな人も救うことができるのは、

そうした人びとの悲鳴の中から、

本当の願いを聞き取る力を具えておられるからです。

私たちも、そういう力を身につけたいものです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この庭野日敬師のお話を伺った時、

私自身も、

ここでお話になっている観世音菩薩のようになりたいと、

素直に思いました。


とかく、

私達は様々な誘惑や煩悩に惑わされて、

私達の本来の目的や目標を見失いがちです。



現代社会の中で、

様々な誘惑や煩悩に惑わされて発せられる、

悲鳴を聞き分ける事が出来る人物になりたいと思っています。


ところで、所で以下の事はご存じでしょうか。


毎年、自殺する方が3万人を超える現実があります。

自殺をするのには、

それなりの原因があると思いますが、

そのほとんどが“うつ状態”と言われています。


その“うつ状態”を治す為には、

色々な課題点があるようです。


まず、“うつ状態”とはどういった状態なのかすら、

漠然として、あまりよく知られていないようです。


一口に“うつ状態”といっても色々なケースがあり、

専門家でも判断を間違う事もあるようです。


その為に、

回復がさらに遅れを生じる事になってしまうようです。


また現在の医学では、

副作用が大きく効果的な処方箋が

少ないのが現状のようです。



今の処方箋では手探り状態で、

ある調査によると

1割前後の人に効果があれば良いとされています。


また20年~30年後に

効果的な処方箋が開発されるだろうと言われていますが・・・・。


中でも特に効果的と言われている、

認知行動療法においては、

的確に指導できる指導者が極端に少ないのが現実です。


“うつ状態”の特に怖いのは、ある日突然 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。


こんな事をお話しても、

ほとんどの人が、

「私には関係ないこと。」と、とらえる方が多いと思いますが、

この“うつ状態”とは、

どこでも、

だれでも、

心のバランスが崩れると、

なってしまう可能性が高い病気です。


こんな現実が、

あなたのすぐそばにある事をご存じでしょうか。


出来る事であれば、

この“うつ状態”にも何らかの

対応策を講じ行く事が出来れば、

より、現実的に

社会を明るくする事が出来のではないかと、

微力ながら、さらなる模索をしています。

(情報をお持ちの方はご連絡を下さい。)

その為に、

今後も精進・努力して行きたいと思います。





nice!(1)  コメント(0) 

庭野日敬氏が提唱した明るい社会づくり運動に不可欠な事-信念や信仰を突き抜けよう! [明るい社会づくり運動のポイント]

前・井深会長と、
お会いさせていただいたのは、私が拓塾を卒塾後直後だったと思います。

前・井深会長が、箱根で療養中でしたが上京する事になり、
ソニーの本社に出社するので、私達の為にお時間を取って下さるとの、連絡をいただきました。

私達メンバーは集合場所に集まると、
お会い出来るのは、長くても10分か15分位でとても貴重な時間だと聞いて伺いました。
前・井深会長が、ソニーの役員室にお入になる時には、
杖をついてゆっくりと椅子にお座りになるご様子でしたので、とても心配をしてお話を伺っていました。
しかし、前・井深会長がお話しを始めてしばらくすると、
私の、その不安は一瞬に吹き消されてしまいました。
お話になる内容とお話なっているお姿は、まさしく青年そのものでした。


tree_woods_00049-12.jpg


特に印象深かったのは、
明るい社会づくり運動に参加するのには、
「その人の持っている信念や信仰を突き抜けないといけない」と、お話していた点です。
「突き抜けないといけない」とは、いったいどういった事なのか、
私には、うまく表現出来ませんが、
「自身が持っている信念や信仰の枠(カラ)の中だけで留まっていてはいけない」と、
言っているように、私は受け止めてさせていただいています。
自身の後生大事にもっている殻を破り、
相手(他団体)の良さを認め、また世間の声を謙虚に耳を傾けて行く事が大切ではないでしょうか。


kis0107-049.-12jpg.jpg


また、物事を始めるに当たり
「人まね」をしてはいけないと、強くおしゃっていた事が強く記憶に残っています。
その後、様々な出来ごとに触れ合いますが「人まね」をしている方は、
どんなに素晴らしい事であっても、なかなか良い評価をいただけない現実を目のあたりにして、
前・井深会長のおしゃった事の意味を、新めて再確認する次第です。

私は、これらの言葉は、事ある毎に思い出し肝に銘じるように心がけています。

また、現在社会の課題点を独自の視点で的確にとらえてお話して下さいました。
特に、終戦後からの戦後教育の在り方についてのお考えは、
私にすると、今まで考えても見ない視点で「目から鱗が落ちる」思いでした。

最終的には、前・井深会長は2時間近くお話して下さったと思います。
私達は、明るい社会づくり運動に対する期待と情熱を感じ取るのと同時に、
その物事に対する考え方や、物事に対する情熱は、
私にとっては色々な面で「カルチャショック」そのものでした。

前・井深会長との集合写真を見る度に、
あんな事を言っていた、こんな事も言っていたと、
色々とお話していただいた事が思いだされ、今でも胸の熱くなる思いです。

また、新らためて、頑張らなくてはと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
井深大(いぶかまさる) 明るい社会づくり運動 二代会長
ソニー創業者。1908年、栃木県生まれ。
早くから幼児教育の大切さを訴え、1969年に幼児開発協会(EDA)を設立。
'92年に文化勲章を受章。1997年12月19日逝去、亨年89歳でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆



明るい社会づくり運動に不可欠な「仏さまの懐に抱かれる、」とは [庭野日敬師の言葉]

自分の目の前に悩み苦しんでいる人いるならば、

その事を、そのままにしては行けない。(逃げてはいけない。)

自身に出来る事は、たいした事は出来ないかもしれないが ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。

たとえ、小さな一歩かもしれないかもしれないが ・ ・ ・ ・ ・ 。

私達達自身が歩め始めないと、その道は始まらない。

明るい社会を築く為には!


庭野日敬師は、とても大切な事をおしゃっています。

あなたには、庭野日敬師のおしゃっている意図が理解出来ますか。


IMG_20180812_142052-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仏さまの懐に抱かれる

自分の目で見て、確かめられるものでなければ信じない、という人がいます。

しかし、それでは大事なものを見落としてしまいはしないでしょうか。

私たちがふだん聞いている音は、自分の耳に合ったごく一部の音にすぎず、

周波数がうんと高かったり低かったりすると、聞こえません。

自分の耳に聞こえる音が、すべてではないわけです。

それと同じで、この世界は私たちには感受できない広大な広がりをもっています。

仏さまのお姿は私たちの肉眼では見えませんが、

教えどおりに行じると、仏さまの存在がはっきりと見えてきて、

その大きな懐に抱かれている自分に気づかずにいられません。 

信仰をしている私のいちばんの幸せは、

仏さまがいつも一緒にいてくださるのを感じられることです。

その幸せを、私は最近、さらにしみじみと思わずにいられないのです。

ですから、

生きているうちは仏さまのみ心のままに生きてなすべきことをなし、

ご用が済めば仏さまのもとへ帰らせていただくのだ、と

私は心に決めています。

これほど安心な生き方はないと思うのです。

   
庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このお言葉が、

あなたのこころにどのように響きましたか。


そこがポイントのように思っています。




私なりに日々、精進を重ねて参ります。



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

前の3件 | -