So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

庭野日敬師の本当の願いと思いとは、- あなたのこころの響きが大切です。 [インタネット講座「拓塾」]

庭野日敬師の著作物は、
凡夫である私達に実に丁寧にわかりやく、
お話して下さっている事に、
いつもながら敬服しながら読ませていただいています。


今回は、私が特に眼にとまりましたの著作物の中から、
ご紹介させていただきます。


特別に、難しい事をおしゃっている訳ではありませんが、
明るい社会づくり運動にとっては、
とても大切な事を述べていると思います。


あなたの心には、どのように響くでしょうか。


その響きを感じて見てください。


bfacfbb6346efc5209d377e31d036d01.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

個人は社会とつながっている


ところで、
個人の心の善し悪し・高さ低さ・美しさ醜さは、
外部とぜんぜん関係のない事がらでしょうか。

理屈は抜きにして、
あなた自身の家庭や、交友関係や、職場など、
身近な世界の問題として考えてごらんなさい。

あなたの両親や兄弟姉妹の、
心の暖かさ・冷たさが、あなたにとっては全く無関係な事がらですか。
あなたの上司・同僚・友人などの心の美しさ・醜さが、
あなたとぜんぜん没交渉の事がらですか。

もちろん、答はノーでありましょう。

今、わたしとこの紙面で交わした問答によって、
あなたは、いつもはあまり意識していなかった
(身近の人たちの心のあり方と、自分自身の人生とのつながり)を、
ハッキリ意識されたこととおもいます。

それならば、そういった意識を、
もう少し広く世間へ広げていってごらんなさい。
たとえば、あなたの家の隣近所の人たちの気だて、
あなたが買物をする店の主人や店員の精神、
あなたが乗るバスや電車の運転手の心がけ、
そういったものが、
あなたの人生となんらかかわりがないかどうか。

もっと大きくいえば、
地方目治体の役人・議員や、国の政治をつかさどる首相・各省大臣や、
国会議員などの魂のありようが、
あなたの人生となんらのつながりがないかどうか。

さらに考えを広げれば、
会ったこともない他国の人びと、
たとえば毛沢東、コスイギソ、ニクソン、
ドゴールという人たちの精神の方向が、
あなたの運命と全くかかわりがないかどうか。
答えは、自明のことでしょう。

この世に生きとし生けるものは、
どこかで必ずつながりをもっているのです。
ぜんぜん他と孤立して存在しているものは、
ひとつもありません。

この道理を、
仏法では〈諸法無我〉というのですが、
とにかくこの道理に目ざめてみれば、
自分ひとりだけが心のしあわせを得ても、
ほんとうに幸福にはなりえないのだということが、
はっきりわかってくるはずです。

早い話が、
あなたが今の瞬間においては
幸福感を味わっていることができても、
さまざまな天災や人災は遠慮なく空から、
海から、川から讐てきますし、
一歩外へ出れば交通戦争の修羅のちまたです。

犯罪者は、
いつ、どこであなたの生命・財産を
ねらってくるかわかったものではありません。
最大の脅威は、核戦争です。
万一これが始まれば、
あなたの今の幸福などは木っ端微塵に吹き飛ばされてしまいます。

そこで、あなた自身・あなたの家族・あなたの子孫が、
ほんとうに幸福になるためには、
どうしても社会全体・世界全体を
変えなければならないのです。

それも、政治のやり方や
社会の体制をどう変えてみたところで、
その効果はほんの表面的なことにすぎず、
人間の心を根本から改めないかぎり、
ほんとうの救いに達することはできません。

たとえば、老人保護施設の完備している
欧米諸国の老人が必ずしも幸福ではなく、
どちらかといえば家族の庇護に任せられている
日本の老人のほうが幸福である事実が、
その片りんを物語っているのです。


仏教のいのち法華経(P46~49) より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いかがだったでしょうか。

あなたの心には、どのように響いたでしょうか。


私は、そのような意味でも
庭野日敬氏の提唱しました、
明るい社会づくり運動(現在のスタイルではなく)が、
果たすべき役割が大きいと考えています。


「日々 新たに」
お互い様に、様々なご苦労があると思いますが精進・
努力して行きたいと思います。


私の今年のキャッチフレーズは、
「前に、さらに前に前に・・・・・」


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

明るい社会づくり運動で大切な事とは、|現場の声を生かす [明るい社会づくり運動のポイント]

私が以前に行いました、
明るい社会づくり運動の実態調査から様々な事を教えていただきました。
その中には、
順調に活動を進めている地域もありましたが、逆にまたそうでない地域もありました。
また、順調に活動を進めている地域と、またそうでない地域の中にも、
共通点がある事が分かりました。

e47508f2c5b5da70822a1ac6e9c2a0fb.jpg

私は、明るい社会づくり運動が今後さらなる飛躍をして行くためには、
現状の利点と不利点の解析をする事が必要不可欠になると思います。
その為には、現状がどうなっているのかを知る必要があると思っています。
現状の把握を行い、現状の分析がしっかり出来ない限り、
本当の意味での利点と不利点の解析が出来ません。
また、正確な現状の把握や分析が出来ない以上、
その為の効果的な対策を講じる事は難しいと思います。

その為には、
時には辛い現実とも向き合わなければならない事もあると思います。
でも、そこから逃げる事無く、
前向きに取り組む姿勢を示す事が求められていると考えます。



私の所にお送りいただきましたメールの中に、
大変重要な意見をお持ちの方がいらっしゃいました。
その方は長年の間、明るい社会づくり運動に携わって来られた方です。
また、庭野日敬師の思いを理解し、ご自身の地元で大変に努力された方です。
それだけに、明るい社会づくり運動の実態をご自身の目でしっかりと見つめ、
現状を把握している方です。
そして分析をなされ、
課題点からその対策までをしっかりとしたお考えをお持ちの方です。

以下に、ご紹介をさせていただきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

報告書より

 明るい社会づくり運動の組織において地区協議会が当面する共通課題として、
役員やリーダーの高齢化や不足に悩み、世代交代が進まずそのまま組織の活力の停滞を招き、
有効な手を打てないまま組織の解散や運動の実態のない地区もでてくるようになった。


e26cec8b8e72d641f89f95e06b10bf24.jpg



 停滞を招く原因としてリーダーの意識に大半の理由があるように見受けられる。
役員としては会員から会費や協賛会費を募り、
運動方針を決めた以上活動をやめるわけにはいかないと考えてはいるが、
意識がそれ以上でもそれ以下でもなく活動は一応継続されているが、
活動の範囲を広げたり頻度を上げたりといった発展的な取り組みに欠けており
現状維持ということになる。
したがって新たなメンバーが加わるチャンスも生まれにくいという悪循環が生まれくる。

 さらに「中心となり、下支えするメンバーが不足している」ということについては
組織の中でリーダーの育成がうまくいっていないという状況も見えてきます。
従って必然的に、リーダーの世代交代は難しくなります。


e0d71dc15d9808c6db85166ad12fc8bf.jpg


 昭和40年代後半に先駆的リーダーにより、
全国の都道府県を網羅するかたちで上位下達方式に組織化された明社運動は
任意団体 ― 法人化 ― 任意団体と組織も変遷してきた。

 運動提唱者の精神を原点として自治体単位に組織化され、
地域に根づいた活動を推進してきているが、
どちらかと言えば、「大勢で一緒にやる」エリア型の活動は伝統的に強いが、
テーマ型を目指すNPOやボランティアグループのようなNPO型の活動は不得手であった。
従って地域のネットワーク化を目指し法人化されたときには、
エリア型活動で進んできた伝統的組織である明社組織内に、少なからず混乱をきたした。

 明るい社会づくり運動が取り組むテーマが
エリア(地縁)型であれ、広域にわたるテーマ型であれ、
永年の間、当面している課題解決のための取り組みに没頭するうちに、
取り組みそのものを維持することが目的化してしまいがちで、
そこには、課題の変化が見えなくなってしまい、
柔軟な対応ができず組織の硬直化を招くという
落とし穴があったのではないかと思われる。



dde72453b2e4a8a6c07e9ac05d783565.jpg



 特に次世代や若者が参画するような企画が少なく、
組織が新たな課題にチャレンジするエネルギーを得るという大事な側面が欠落している。
課題の変化に対応するという組織の柔軟な取り組みが
様々な世代が関わり合う環境をつくることによって可能となるが、
次世代との協働をすすめる取り組みが組織の柔軟性を生むことで
活動が活性化するということもあるわけです。
従い、テーマ型にせよエリア型にせよ組織の結束が維持されていくには、
この点の理解をもとに組織内部の役割分担を明確にして機能のすみわけについて
合意を得るということが、まず内部の協働力を強めるポイントであると考えられる。
それを課題としてとらえるならば、課題の変化に対応するチャレンジを積極的に行うこと、
組織の活動や運営の中に積極的に異世代協働をつくりだすことが大切だということになります。

そして責任ある活動ができるように研修や養成の機会(人材養成事業)を
具体的に用意する取り組みが大変重要です。


d1706ef6bce73eb5cd98f632bd6bfecf.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お互い様に、様々なご苦労があると思いますが精進・努力して行きたいと思います。

私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

庭野日敬師は言っている-明るい社会づくり運動の大切な事とは、 [明るい社会づくり運動のポイント]

明るい社会をつくる為には!

庭野日敬師は「開祖隋感」の中で次のように言っています。


c4cbe5fbbb49394d1a6698b8f45dc901_jpg.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世の中の争いのもとは、

誤解、恐怖、嫉妬の三つが原因だといわれます。


そこから怨念が生まれてきて、

それが原因で、さまざまな争いが起こります。


国と国の紛争も、民族や人種間のいざこざも、そうです。

また、身近な職場や家庭でのトラブルも一緒です。  

私たちの心は、

ときには仏さまのような清らかな心になるかと思うと、

また、ムクムクと煩悩の心が起こってきてしまいます。


京都の清水寺貫主(かんす)の大西良慶師は、

「欲も中に入れ、愚痴も中に入れ、善も中に入れて、

ほどよう和え物にするのが和なん」と言われていました。


平和は、争いを避けて

静かにそっとしていれば

自然にやってくるというものではありません。

さまざまな矛盾や対立を含みながらも、

そこにバランスを保たせていく、

そのたゆみない努力によって

初めて平和が維持されていくのです。 

 
それは、回り続ける独楽に似ているともいえましょう。


その回転する力が衰えたら、

独楽は倒れてしまいます。

回り続けること、それが精進です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

庭野日敬師がお話しているように、

明るい社会づくり運動を推進しようとする時に、

争いを避けて静かにそっとしていれば

自然にやってくるというものではないと思います。


さまざま考え方や、

色々な矛盾や対立を含みながらも、

そこにバランスを保たせていく。

そのたゆみない努力によって、

初めて明るい社会づくり運動の

真骨頂が出てくるのだと思います。



お互い様に、

様々なご苦労があると思いますが

精進・努力して行きたいと思います。


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
前の3件 | -