So-net無料ブログ作成

私が庭野日敬師のお話になる事の中で、最も大事にしている言葉 [庭野日敬師の言葉]

私は庭野日敬師のお話になる事の中で、

大切に心刻んでいるお話がたくさんありますが、

今日は、その中でも特に大切にしている物の一つご紹介します。



kis0107-049.-12jpg.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仏さまの近くにいる人


「私の衣に触れるほど近くにいても、

 欲望や怒りに振り回され、放逸にふける人は、

 私から遠く離れている人である」と、

 お釈迦さまはおっしゃられています。


 そして、

 「たとえ私から百里も離れた所にいたとしても、

 欲望や怒りを離れ、放逸に陥らない人は、

 私のいちばん近くにいる」と

 教えられるのです。


いつも、

お師匠さんの近くにいると、

いつでも教えを聞けるようなつもりで、

つい慣れっこになってしまい、

その言葉の一つ一つの大切さに

気づけなくなることがあるのですね。


反対に、

お師匠さんから遠く離れていて、

滅多に教えを聞くことができないからこそ、

その教えのひと言ひと言に真剣に耳を傾け、

その教えを命がけで守ろう、と精進を怠らない人もいます。


「仏の山に鬼が住む」という言葉がありますが、

慣れが、

つい油断を生んでしまうのです。これが大敵です。


ご法の真理は、

自分をなげうって教えを行じてこそ、そのはたらきが見えてきます

どこにいようと、その法を見る人こそが仏さまのいちばん近くにいる人であり、

仏さまのご守護に包まれる人なのです。


庭野 日敬 著 『開祖随感』より


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あなたは、いかがですか。


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0