So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

庭野日敬の提唱した明るい社会づくり運動に尽力した 亡き、佐藤秀裕氏に捧げる。 [故 佐藤秀裕氏]

静かに瞼を閉じると、佐藤秀裕氏のにこにことした笑顔が浮かんで来ます。


佐藤秀裕氏の祥月命日は10月21日


あれから、もう何年経つのだろうか、


スクリーンショット 2018-03-31 09.28.26.png


数年前の12月、
私は、現在の仕事の向上を目的に渋谷駅の近くにある、
インターネットでは大手の会社に研修に出かけていました。
朝と夕方の行き帰りに、中央高速バスを利用すると、
時間的にも、経費的にとても助かりますので、
研修が終わると帰りの高速バスの時間を見ながら、
急いで渋谷駅のホームに駆け上がると、
そこにちょうど電車が入って来ましたので、
すぐ近くの開いたドアから電車に乗り込みました。

乗り込んだ電車のちょうどそこに、
私を待ち構えるかのように立っていたのが佐藤秀裕氏でした。
「佐藤塾長! お久しぶりです。私です。山梨の佐藤です。」
私の第一声でした。
この広い東京で偶然にしてはあまりにも ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。
おそらく15年ぶり位の再会でした。
私は新宿駅、佐藤秀裕氏は四谷駅、短い時間でしたが、
お互いに近況を話し、新宿駅で別れました。

実は、私は佐藤秀裕氏の意見を伺いたい事があり、
その事をちょうど躊躇している時期でしたの、
偶然の再会を、どなたかの引き合わせのように感じました。

それから、しばらくしてから新宿駅で待ち合わせをして、
私の考えをお話して
佐藤秀裕氏の意見を伺った事が昨日のように思い出されます。

その時、一緒に入った佐藤秀裕氏のなじみのお蕎麦屋さんで食べた、
お蕎麦の味は忘れる事はありません。
また、その時もニコニコとして、とても楽しそうな佐藤秀裕氏の顔は、
静かに目を閉じると、私の瞼にくっきりと浮かんで来ます。

佐藤秀裕氏は、
「あなたがしようとする事は、決して間違った事をする訳ではありません。
逆に、あなたがしようとする事の方が正しいのだから、
信念を持って、他の人達の誘惑に惑わされないで進んで欲しい。」と、
私を、励まして下さいました。

また、その後しばらくしてから、
佼成会さんの大聖堂の地下の食堂で食事を取りながら、
今後の事をお話させていただき、
庭野開祖記念館の公開講座に出席させていただきましたのが、
私が佐藤秀裕氏のお姿を見た最後となりました。

私は、佐藤秀裕氏に今世で出来なかった事は、
「来世の宿題にするような気持ちで
頑張りましょう」と申し上げました ・ ・ ・ ・ ・ ・。

私は、まだ今世に時間があるようですので、

庭野日敬師が提唱した明るい社会づくり運動の為に、

微力ながら、

こらからも頑張りますので私達の行動を、

活動を見守っていて下さい。


今後の、より良い明るい社会づくり運動の為に
      お互い様に努力精進していきたいと考えています。



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                  http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0