So-net無料ブログ作成

我、覚者とならん ! [自己研鑽]

私に、この言葉を投げかけたのは、
元佐藤秀裕塾長の後を引き受けて、全国拓塾の塾長に着任した前坂本尭塾長でした。

前坂本尭塾長は
「明るい社会づくり運動のリダーは覚者でなければならない。」との、
ご自身のお考えを、全国拓塾で実践しようとお考えになったのだ。と、
私は理解しています。

しかし、「覚者とは」いったい何の事なのか ・ ・ ・ ・ 。

その当時、私はほとんどわかりませんでした。
ただ、漠然と「宇宙の大生命の波長を感じ取れる人」そんな感じでした。
瞑想を取り入れて研鑽を行っていましたので、
その坂本尭塾長のサポートをさせていただきながら、
只々、漠然とした事しか分かりませんでした。

その後、全国拓塾を離れた私は「我、覚者とならん!」
この言葉が事あるごとに、私の頭から浮き出てくる事が多くなりました。

しかし、「覚者とは」何を持って覚者とするのか。
     「覚者とは」どういった人を覚者とするのか。
     「覚者とは」何が理解出来るのか。
その疑問が晴れる事はありませんでした。

一方、私には中途半端な感じでの霊感見たいな物があり、
突然、予告もなく訪れる、とても嫌な気配や感覚は
とても言葉では言い表す事は出来ず、
その対応に、時として苦慮している現実がありました。
また、他人にお話してももなかなか理解してもらえない現実に、
とても長い間、悩み・苦しんで来ました。

しかし、年齢の経過と共に様々な経験や体験を重ねる事により、
近年になって「覚者」と言った事と、
私の中途半端な感じでの霊感見たいな物が交りあうような、
気配見たいな、感じがして来たように思っています。
うまく表現する事は出来ませんが、
私自身とは別の存在があり、その中には別の意思があるような気がしています。

私の体験を通じて以下に、仮説を立ててみました。

【私の仮説】
覚者とは、宇宙意思を感じ取り、それを具現化出来る行動力を持つ事。

(世の人々の悩み苦しみを感じ取り、
    それらから解放する術を身に付け、この世を明るく平和な社会に出来る事。)

その為には、
   1、宇宙意思を正確に感じ取る事が出来る事。
   2、感じ取った宇宙意思を自身で咀嚼出来る事。
   3、感じ取った宇宙意思をアクションプランに変換出来る事。
   4、そのアクションプラン遂行の為の協力者を募る事が出来る事。
   5、さらなる、覚者を育成出来る事。

私の仮説は、はたして正解でしょうか。


まだまだ、道半ばですが、

今後の、より良い明るい社会づくり運動の為に

      お互い様に努力精進していきたいと考えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【略歴】坂本 尭(さかもと たかし) ニコラウス・クザーヌスの研究家
  1927年兵庫県生まれ。上智大学文学部哲学科卒業、同大学院修了。
  59年~68年、西ドイツを中心としてヨーロッパ各地に留学。
  国立ケルン大学哲学博士、Ph.D取得。上智大学文学部助教授、
  独協医科大学教授を経て、聖マリアンナ医科大学名誉教授 等

  前 明るい社会づくり運動全国拓塾 塾 長
     NOP法人 明るい社会づくり運動の会 理事長
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後も精進・努力して行きたいと思います。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0