So-net無料ブログ作成

現在の世相をどのように見ますか。 [自己研鑽]

内閣府が今年の1月に行った「社会意識に関する世論調査」をみると、
現在の世相は明るいイメージとしては「平和である」、
暗いイメージとしては「無責任の風潮がつよい」と言う意見が最も多いようでした。

この調査は、国民の意識の動向を調査し、
広く行政のための基礎資料とする事を目的に、ほぼ毎年行われているようです。
全国の20歳以上の国民の中から無作為に抽出された1万人を対象に調査され、
社会の現状に対する認識や、国の政策に対する評価などについて質問しているようです。

世相のイメージについて、良いイメージの「平和」は57%と半数以上が挙げていますが、
その他については「安定している」「おもいやりがある」などと続きますが
いずれも20%以下となっています。
逆に暗いイメージは「自分本位」「ゆとりがない」など、
最も多くなった「無責任の風潮」も含めて40%以上となりました。
今の日本社会は、暗いイメージの方が色濃くなっているようです。

「国や社会のことに目を向けるべき」、「個人生活の充実を重視すべき」という質問には、
「国や社会」が52.2%、
「個人生活」が33.6%と社会志向の方が多くなっているように見えますが、
前回の調査結果よりは低下しているようです。

ボランティアなど社会への貢献活動に参加して
「社会のために役立ちたい」と考えている人を見てみると、
役立ちたいと「思っている」人は65.2%、
また働き盛りの40から60歳代が多くなっています。
実際に参加したいと思う活動は「自然・環境保護に関する活動」
「社会福祉に関する活動」「町内会などの地域活動」などとなりました。

参考資料-社会意識に関する世論調査 (2010年04月06日)


しかし、現実社会においては
責任や奉仕を「面倒くさい」と感じ、避ける人が増えているようです。
また、自分や家族の生活を何より大切に思うのは当然のことではありますが、
面倒なことに後込みしている姿があり、
自治会や地域の役職を引き受けてくれる方がない為に、
地域の会の解散や活動の休止や縮小を選択せざるを得ない現実もあるようです。

このような現実をあなたはどのように感じますか。


私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0