So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

庭野日敬師の考えていた明るい社会づくりとは何か、 [インタネット講座「拓塾」]

以前、庭野日敬師から
こんな事を教えていただいた事を思い出します。

物事が成就するのには、
「天の利・時の利・人の利」が揃わないと、
なかなか物事が成就しない事を。

ですので私は、
それぞれの方々がお互いの目標に向かって、
精一杯の努力が、
出来たのか・否かを問う事が大切だと思っています。

そして、お任せをして
依頼をすべきところはお願いをし、
自身ですべきところはキッチリと、
精一杯の努力をする事が大切です。

すると、
「物事の結果は、後から付いてくる物だ。」
と考えています。

もし、私達のしようとしている事が
本当に大切な事で、
「天の利・時の利・人の利」が揃わないとすると、
時を待つゆとりも、
とても大切なポイントであります。


IMG_20180425_115717.jpg



ところで、
明るい社会づくり運動について、
庭野日敬師は以下の事をおしゃっています。

あなたには、どこまでの事が理解出来ますか。

またどこまで実践出来ますか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、いい言葉を学びました。

アメリカへ出かけた折、

ホテルで読んだ山田無文老師のご本に、

臨済の教えが出ておりました

「無位の真人」いう言葉ですが、

なるほど昧わいのある、いい言葉だと思いました。


だれもが自分は凡夫なんだ、

と決めてかかっている世の中ですが、

それを自分には何の位もないが、

われこそ真の人間なんだという

自信に変えていったら、

それだけでも世の中は明るくなるはずです。


また、それを説くことによって、

集まってきた人たちに、

参加を呼びかけていく場所をつくることができれば、

第一段階の成功といっていいでしょう。


むろん、この運動を

立正佼成会のためにしようとする気持ちはありません。


第一、宗教協力といった言葉一つにしても、

ただ教団を大きくしたいというだけのことなら、

無駄なことです。


協力し合うからには、

他の宗派の人たちに向かって、

「あなたのところより、

うちの教団のほうがいいからいらっしゃい」とは

言えるわけがありません。


明るい社会づくり運動も同じです。


ところで、「国民皆信仰」は、

新宗達がめざす四つの柱のうちの一つですが

この目標を果たすためには、

なんらかの形で、

これが宗教者の生き方だという行ないも

見ていただきたいし、

話も聞いていただきたい、

と私はかねがね考えていました。


それに沿って提唱してきたのが、明社運動です。


また、そうしてお互いが相手を尊重し合って、

仏性を拝みながら協力していけば、

この世の中はたちまち極楽になると確信しています。

(中略)

この世を極楽にするもしないも、

心の置きどころ一つですから、

集まってくる人びとが

真の人間になれるか、

なれないかによって、

それが決まるのです。  
    


 (昭和53年・11付・機関誌「佼成」)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



いかがでしょか。

あなたにはどのように響きましたか。

それそも、あまり響かなかったでしょうか。


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0