So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

提案-庭野日敬氏より提唱され明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為に ! [アクションプラン]

私が、庭野日敬氏より提唱され明るい

社会づくり運動の将来を憂い、

15年間、母親の介護生活をしながら、

自分自身の考えをまとめた提案書があります。

今回は、その提案書を再び読み返してみました。


IMG_20170505_084810-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
“明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為に“

庭野日敬氏より提唱され推進されて来ました

明るい社会づくり運動は30年もの歳月が経過し、

また庭野日敬氏・生誕100年を迎える現在、

今こそまさに

明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為に、

新たな活動のスタートをすべき時期に

来ているのではないかと考えます。


特に、現在の社会情勢を知るにしたがって、

犯罪率の増加、親子関係・家庭の崩壊、

いじめ 等、目に余る情景があまりにもありすぎます。

またこのような状況は

このままで行きますと年々悪くなる事はあっても、

残念ながら良くはならないと思います。


庭野日敬氏が、

この明るい社会づくり運動を提唱された当時と、

今の社会情勢を比較した時に

私ははるかに現在社会の方が病んでいると思います。


この事を思った時に、

私は今こそ

この明るい社会づくり運動の役目・役割の必要性が

高まって来ていると思っています。

今こそ、

「みんなで力を合わせて明るい社会づくりを推進しましょう」と、

言う事がとても大切な時期だと思います。

極端な言い方かもしれませんが、

大きな声で言い続けるだけでも

人々の気持ちに対し効果がある時期だと思います。


私は、明るい社会づくり運動の

さらなる飛躍の為に以下の事は必要不可欠だと思い、

提案させていただきたいと思います。


「さらなる飛躍のために」- 中期・長期計画の作成

1.自 立 化

2.標 準 化(手法の明確化)

3.ボランテアのシステム化

4.地域リダーの育成化

5.グローバル化

私は以上の事は、

どの事をとってもたやすい事ではないと思います。

しかし、この事をクリア(乗り越えないと)にしないと

明るい社会づくり運動のさらなる前進は

おぼつかないように思えます。


river_00039-13.jpg



「さらなる飛躍のために」- 中期・長期計画の作成


その為に中・長期計画をキチンと立てて

次世代への引継ぎをして行く道筋を立てて置く事は

大切なポイントだと思います。

10年先・20年先・30年先を見据えていけばもっと、

色々な事が見えて来ると思います。


 また、もっともっと色々な事が

出来る可能性が広がってくるはずです。

この事を念頭において、

スタッフを揃えて中・長期計画を練ることは不可欠な事だと、

私は考えます。


1、自 立 化

 私はいつも考えている事の一つに、

明るい社会づくり運動の

さらなる飛躍のためにはどうしても必要不可欠な事に、

「自立」があると思っています。

子供が親から自立するように、

一人前になるまでは親に養育をしてもらうわけですが、

時の経過と共に親から離れ、

自立して行くことを計画して行くべきと考えます。

また、自立出来ている組織は同じ活動を行っていても、

世間の人達からの

より良い評価を得られやすいと思います。

この事はたやすい事とは思っていませんが、

この後の明るい社会づくり運動の

さらなる飛躍のためには

避けてはならない事と思っています。

さらなる飛躍のためには

どのような姿が望ましいのか将来像を描き、

中期・長期の計画を立てキチンと立て、

次世代への引継ぎをして行く

道筋を立てて置く事は大切なポイントだと思います。

いつまでも、

明るい社会づくり運動 = 立正佼成会 と、

思われているうちは、

本当の意味での自立はあり得ないです。


2、標 準 化(手法の明確化)

私は、明るい社会づくり運動のさらなる飛躍のためには、

より多くの人達にとって理解・参加(賛同)しやすい手法を

提示する必要があるように思います。

例えば、

畑を耕すのに鍬を使い、

草を刈るのに鎌を使うように、

また、山登りの時に

登山靴を履き登山用の装備をするように、

この明るい社会づくり運動は

どのようなも目的を持って、

またどのような手法(手段)を持って

目的に対応しようとしているのかを、

より多くの人達に

理解していただく必要があるように思います。

その為には、

どのような姿が望ましいのか

将来像を描き、中期・長期の計画を立て

キチンと立て、

次世代への引継ぎをして行く

道筋を立てて置く事は大切なポイントだと思います。

このことが、

明確に出来ない以上、

うさん臭い団体と思われても仕方がないです。


3、ボランテアのシステム化

明るい社会づくり運動のさらなる飛躍のためには、

より多くの人達がいつでも、

何処でも気軽に参加できる

ボランテアをシステム化して行く事が

こらからの時代には

必要不可欠な事だと思います。

限ららた人達のボランテアだけではなく、

その時々に必要に応じて

地域社会の多くの人達の協力を頂ける

ボランテアシステムを

構築して行く事が求められていると思います。

また、活動事例・活動報告・活動交換などが

出来るボランテアをシステムも不可欠な事と思います。

その為には、

どのような姿が望ましいのか将来像を描き、

中期・長期の計画を立てキチンと立て、

次世代への引継ぎをして行く

道筋を立てて置く事は大切なポイントだと思います。


その事により、

より多くの人達の賛同を得る事が出来ます。


4、地域リダーの育成化

 私は、明るい社会づくり運動のさらなる飛躍のためには、

どうしても

核となって活動していただく地域のリダーの育成は

必要不可欠な条件です。

明るい社会づくり運動の

基本的な考え方・活動のあり方を正しく理解していただき、

各地域でその為の実践活動を展開していただく為には

繰り返しの研修の場が

色々な局面で必要になって来ると思います。

その中でお互いの交流や研鑽が行われる事によって

地域のリダーは

活性化し向上して行くことになると思います。

明るい社会づくり運動は

人づくり運動と言っても過言ではないと思っていますので、

その為には、

どのような姿が望ましいのか将来像を描き、

中期・長期の計画をキチンと立て、

次世代への引継ぎをして行く

道筋を立てて置く事は大切なポイントだと思います。


あなたは、どのようにお考えになりますか。


5、グローバル化

 私は、「明るい社会づくり運動は、

このまま日本の国内だけの活動で

終わってしまって良いのでしょうか。」と

素直に疑問に思います。

庭野日敬氏より提唱され推進されて来ました

この運動の考え方(主旨)は

もっと多くの人々に

理解され共鳴・賛同できる運動だと思います。

特に海外のより多くに国々に呼びかける事が出来たら、

きっと多くの支持をいただける運動だと思います。

その為には、

どのような姿が望ましいのか

将来像を描き、中期・長期の計画を立て

キチンと立て、

次世代への引継ぎをして行く道筋を

立てて置く事は大切なポイントだと思います。



tree_woods_00049-12.jpg



私の考えは以上になりますが、

明るい社会づくり運動を提唱された、

庭野日敬氏に

今までの感謝の気持を込めて

私の考えをまとめて見ました。



私の申し上げた事の中で、

無理難題と思われる事があるかと思いますが、

私は庭野日敬氏が提唱され推進された

明るい社会づくり運動の今後を考えた時には

どうしても時代に合わせた

さらなる改革が必要ではないかと考えています。


世界宗教者平和会議と

明るい社会づくり運動は車の両輪と同じようであると、

庭野日敬氏に近い人から伺ったことがあります。


庭野日敬氏にとって

世界宗教者平和会議と同じように、

明るい社会づくり運動も

とても大切な事と認識しています。


今後とも、

皇室をお迎えし

て全国大会を行える程の評価をいただけた、

明るい社会づくり運動になりますように

益々のご発展を願っております。




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。