So-net無料ブログ作成

ロヒンギャ難民危機 緊急支援-国連UNHCR協会 [難民救済の緊急支援のお願い]

ロヒンギャ難民危機

「2歳の娘の目は、腫れあがったままです」  - 国連UNHCR協会


LP_Rohingya_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216

ミャンマーでは軍隊に脅され、

家業である農業もできず、

移動することも許されなかったモハマド(40歳)は、

2017年8月、

ミャンマーでの暴力行為から避難するため、

15日かけてバングラデシュまで歩いて逃れました。

2歳の娘・フォーミナの目は感染症にかかり、

ずっと腫れあがったままです。

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、

隣国バングラデシュに逃れた

ロヒンギャの人々の数が68万人を突破しました。

水も不足し衛生環境が悪化する中、

ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。

苦しみを、

痛みを、

懸命に耐えている

ロヒンギャの人々の声なき声を、聞いてください。



LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216_PROS


ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、

隣国バングラデシュに逃れる

ロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の

人々が急増しています。

その数は2017年8月25日から

推定68万8,000人*にのぼっています。

(* 2月5日現在)また、

避難するロヒンギャ難民のうち、

55%が18歳未満の子どもです。

大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、

海を渡り、人々は水も食糧もなく、

体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。

水も不足し衛生環境が悪化する中、

ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。


UNHCRは伝えます、

ロヒンギャの人々の声なき声を

LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216_PROS







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。