So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
難民救済の緊急支援のお願い ブログトップ

難民の子どもたちに、学ぶチャンスを | 国連UNHCR協会 [難民救済の緊急支援のお願い]

「学校に通えない」それは未来も夢も失うこと

クラスに参加するドーアと教師のアヤット(中央)。子どもたちは皆ストリートチルドレン

路上で働くドーアが今、通う場所。

それはUNHCRが支援する「コミュニティ開発センター」です。

学校に行けない難民の子どもたちに、

善悪の区別、衛生の知識や搾取からの身の守り方、

道路標識の区別などを教えています。

しかし、このままでは彼らはどうなるでしょうか。

基本的な読み書きさえ習得できず、

将来職も得られないまま社会の底辺に追いやられてしまいます。

今、彼らに最も必要なのは学校教育です。

現在世界で、学校に通うことができない難民の子どもたちは350万人。

難民の子どもたちはどんな状況に置かれているのでしょうか。


education_title_01_pc.jpg


LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180406_PROS


戦地の一つ、

アレッポでは4年近く続いた空爆が終わり、人々が戻り始めました。

しかし、壊滅的な被害を受け廃墟になった町は、

未だに水も電気もなく、医療や教育も崩壊したままです。

人々は全てを失いました。

2018年、約420万人が家の修復支援を必要としている状況です。

UNHCRは、シリア全土の11の県で、

96のコミュニティセンターを運営し、

子どもたちの教育支援や心理ケア、

出生登録、家族と離れ離れになった人々の再会支援など、

人々の保護活動に全力であたっています。


syria7_maintitle_01_pc.jpg


LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180406_PROS


一方、2013年から包囲下にあり、

空爆が続くダマスカス近郊・東グータ。

道路は封鎖され全ての物資が圧倒的に不足し、

人々の生活は極限まで追い込まれています。

急性の栄養失調に苦しむ5歳未満の子どもは

約12%と推定されていますが、

ほとんど食糧も尽きている約40万人の市民はどうすることもできません。

医療施設や学校すら爆撃されている今、

最も犠牲となっているのは、なんの罪もない子どもたちです。


皆様、どうぞ忘れないでほしいのです。

紛争は続いています。シリアの状況は改善されていません。

子どもたちの命は、今も失われ続けています。

今こそ、シリアの人々へ支援が必要なのです。


syria7_fact_02_pc.jpg



LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180406_PROS




特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 0120-540-732(通話料無料) または 03-4366-7373 [平日10時~19時]







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【緊急支援】難民の子供たちを支援しよう。 [難民救済の緊急支援のお願い]

「学校に通えない」それは未来も夢も失うこと


education_title_01_pc.jpg



路上で働くドーアが今、通う場所。

それはUNHCRが支援する「コミュニティ開発センター」です。

学校に行けない難民の子どもたちに、

善悪の区別、衛生の知識や搾取からの身の守り方、

道路標識の区別などを教えています。

しかし、このままでは彼らはどうなるでしょうか。

基本的な読み書きさえ習得できず、

将来職も得られないまま社会の底辺に追いやられてしまいます。


今、彼らに最も必要なのは学校教育です。


現在世界で、学校に通うことができない難民の子どもたちは350万人。

難民の子どもたちはどんな状況に置かれているのでしょうか。


LP_org_button_01_pc.jpg

https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180323_PROS


ロヒンギャの子どもたち

「お父さんもお母さんも殺されました」― カリマ(8歳)

2017年8月、
ミャンマーで起こった暴力行為を逃れ、
ロヒンギャ難民がバングラデシュへ爆発的に流入しました。
その半数以上が18歳未満の子どもたちですが、
親を失い年下のきょうだいを必死で育てる子どもたちも多くいます。
ミャンマーではロヒンギャの子どもたちの多くは
正規の教育を受けることが認められませんでした。
古くからの差別と迫害を断ち切り、
自立をはかるためにも、切実に教育が必要です。

無題-1.png



シリアの子どもたち

「6年間も学校へ通えませんでした」― ナジュラ(11歳)

3人に1人 学校に通っていない子ども

8年目へ突入したシリア紛争。
空爆や戦闘で、
シリア全土の学校の約半数が無残に破壊されました。
東グータ地区など今も学校や病院まで爆撃されている地域があり、
子どもたちは恐怖の中で生きています。
小学6年生の約半数が初歩的な読み書きもできないなど、
子どもたちの学力に深刻な影響が報告されています。

無題-2.png



南スーダンの子どもたち

「私の父も母も、字が読めません」― クハージャ(12歳)

36% 小学校に通っている女子児童

2013年の調査では、
学齢期の子どもの5人中3人が
小学校に通っていなかった南スーダン。
その後戦闘が激化し430万人が逃れている今、
学校は破壊され教師も不足し、教育は崩壊しています。
長びく紛争で子どもたちはさらに教育から遠ざかり、
推定1万9千人もの子どもが武装組織に加わったとされています。
戦闘ではなく対話で和解を進め、
国の再建をはかるために、
若い世代への平和教育が急務です。

無題-3.png



継続支援「毎月倶楽部」が子どもたちを力強く支えます


難民の子どもたちの
「学校へ行きたい!」という思いになんとかして応えたい。
しかしUNHCRの活動現場では、
資金不足で教育支援の縮小を余儀なくされています。
皆様の毎月のご支援で、
難民の子どもたちの教育を安定して進めることができます。

どうぞ難民の子どもたちに、温かい手を差し伸べてください


LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180323_PROS

皆様もぜひ、ご支援ください


UNHCRの援助活動は、
皆様の毎月のご支援に大きく支えられています。
ぜひあなたも、UNHCRと
一緒に難民を支えるチームの一員になりませんか?


皆様のご支援を、心よりお待ちしています。


当協会は認定NPO法人ですので、
ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、
UNHCRが最も必要性が高いと判断する
援助活動に充当させていただきます。



LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/education?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=PROS_A&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180323_PROS



特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
0120-540-732(通話料無料)
または 03-4366-7373 [平日10時~19時]

https://www.japanforunhcr.org/












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ロヒンギャ難民危機 緊急支援-国連UNHCR協会 [難民救済の緊急支援のお願い]

ロヒンギャ難民危機

「2歳の娘の目は、腫れあがったままです」  - 国連UNHCR協会


LP_Rohingya_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216

ミャンマーでは軍隊に脅され、

家業である農業もできず、

移動することも許されなかったモハマド(40歳)は、

2017年8月、

ミャンマーでの暴力行為から避難するため、

15日かけてバングラデシュまで歩いて逃れました。

2歳の娘・フォーミナの目は感染症にかかり、

ずっと腫れあがったままです。

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、

隣国バングラデシュに逃れた

ロヒンギャの人々の数が68万人を突破しました。

水も不足し衛生環境が悪化する中、

ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。

苦しみを、

痛みを、

懸命に耐えている

ロヒンギャの人々の声なき声を、聞いてください。



LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216_PROS


ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、

隣国バングラデシュに逃れる

ロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の

人々が急増しています。

その数は2017年8月25日から

推定68万8,000人*にのぼっています。

(* 2月5日現在)また、

避難するロヒンギャ難民のうち、

55%が18歳未満の子どもです。

大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、

海を渡り、人々は水も食糧もなく、

体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。

水も不足し衛生環境が悪化する中、

ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。


UNHCRは伝えます、

ロヒンギャの人々の声なき声を

LP_org_button_01_pc.jpg
https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?utm_source=NewsLetter&utm_medium=email&utm_content=Pros&utm_campaign=JA_JA_NEWS_20180216_PROS







nice!(0)  コメント(0) 

ロヒンギャ難民危機:緊急支援のお願い [難民救済の緊急支援のお願い]

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、

隣国バングラデシュに逃れる

ロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の

人々が急増しています。


ロヒンギャ難民危機

8月25日から避難したロヒンギャの人々は12万6,000人

9月14日現在、

その数は38万9,000人に増加しています。

UNHCRは

現地の協力機関とともに緊急支援を実施していますが、

緊急援助物資が今も不足しています。

緊急支援お願いのWebページでは、

ダーク・ヘベカー国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

駐日代表の公式コメント、

そして現地でロヒンギャ難民支援に尽力する

日本人職員UNHCRバングラデシュ事務所 久保代表からの

メッセージ動画もご紹介しています。

ぜひご覧いただき、

ロヒンギャの人々が置かれている状況を知ってください。

ロヒンギャの人々を救うため、ご支援ください。



https://www.japanforunhcr.org/lp/rohingya?type=single


UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)の活動に力をお貸しください 。

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は、
国連難民高等弁務官事務所の略称です。
1950年に設立され、紛争や迫害により
難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、
難民問題の解決へ向けた活動を行っています。

1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞。

スイス・ジュネーブに本部を置き、
128か国で援助活動を行っています。

「国連UNHCR協会」は、
UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、
広報・募金活動を行っています。

当協会は認定NPO法人ですので、
ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、
UNHCRが最も必要性が高いと判断する
援助活動に充当させていただきます。







nice!(0)  コメント(0) 
難民救済の緊急支援のお願い ブログトップ