So-net無料ブログ作成

庭野日敬師の思いや願いの理解度に温度差があるようです。 [明るい社会づくり運動のポイント]

私は、明るい社会づくり運動のさらなる飛躍の為には、

提唱者・庭野日敬師が何を思い、何をしようとしたのかを検証し、

さらなる行動を起こす事が必要不可欠だと思っています。


624cd39ac2a6a305c123f05a6bae3de9.jpg



明るい社会づくり運動の原点が理解できる時には、

その方向性は自然とはっきりしてくると思っています。



庭野日敬師は、

仏教的精神(思いやりの心・感謝の心・奉仕の心)を

一宗教団体の枠を超えて、

明るい社会づくり運動を通じて

広めようとなさったのだと理解しています。



そして、その為に庭野日敬師は

黒子に徹して「花を譲り、実を採る」と

言っておられたと、側近の方から伺っています。


その庭野日敬師が提唱された

明るい社会づくり運動に、

各界の方々が共鳴し賛同され、

立ちあがったのだと思います。



でも残念ながら、

その方向性につきましても、

現在ではその理解度に温度差があるようです。



また、明るい社会づくり運動のあり方は

その時々の時代の変化に伴って

変化すべき事があっても良いと思いますが、



逆に変化してはいけない事もあるのではないでしょうか。



river_00027-1.jpg



明るい社会づくりは一人では出来ません。
(一つの団体でも出来ません。)

でも、一人から活動を始めなくてはいけないと考えます。


そして広く同じ志を持つ多くの仲達が

活動エリアを超えて、コミニュケーションを取り合い、

縦糸・横糸のネットワークを組んで行く事が、

今後の活動の飛躍の為には不可欠だと考えます。


あなたは、どうようにお考えですか。


私は、前会長をなされていました井深大氏に、

お会いさせていただきました時に、

以下の事を強くおしゃっていた事を心に刻んでいます。


「人まねはいけないよ、

「オリジナルティーをもって、他の人のやっていない事をしなくてはいけない。」と、



その後、その言葉を心に置き様々な出来事を眺めていますと、

井深大氏におしゃっていただいた意味が、

新らためて理解出来ます。




6cd83939c4182ed748f0ebec19031792.jpg



そして、そんな観点で庭野日敬師の

提唱されましたを明るい社会づくり運運動眺めてみますと、

井深大氏がおしゃっている

「人まねではない。

オリジナルティーある素敵な活動」だと思います。



日本の歴史が始まって以来、

このような活動を始めた人はいたでしょうか。


また、世界の歴史を紐解いてみも、

おそらくいないはずだと思います。


庭野日敬師は、

日本や世界に存在していた

宗教の壁や枠組みを乗り越えて

新たな世界を築きました。



それが、すでにご存じの世界宗教者平和会議です。



庭野日敬師は、

世界宗教者平和会議の為に

世界を奔走し乗り越えて来た枠組みの壁を、

日本国内においては、

各地を奔走し

政治や地域の枠を乗り越えて

様々な方々のご支持をいただき

「明るい社会づくり運運動」を立ち上げたのだと思います。



私は、この庭野日敬師の提唱された

「明るい社会づくり運運動」を、

他の活動体と同じに考える事は、

「明るい社会づくり運運動」の

歴史的意義を深く思う時、

認識不足だと思わざると得ません。



是非、あなたの声を聞かせて下さい。



☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                      http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

庭野日敬師の明るい社会づくり運動の歴史的試み、 [インタネット講座「拓塾」]

明るい社会づくり運動の新しい社会をつくる歴史的試み

私は、庭野日敬師が明るい社会づくり運動を提唱され、
多くの人達の支持いただき今日までその活動がくり返し継続されている事は、
日本の歴史の流れの中でどのような意味を持つのか、
持たないのかを、検証する事はとても大切な事だと考えています。
そこで今回は、元 明るい社会づくり運動全国拓塾長でありました、
佐藤秀裕氏の著書の中に、
とても大切な事を述べている文面がありましたのでご紹介致します。

3c8bbb26c9fdf0352f814a8990207207.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新しい社会をつくる歴史的試み

                   佐 藤 秀 裕 氏
                   元 明るい社会づくり運動 全国協議会・拓塾々長

明るい社会づくり運動が、
各地区で活動され始めて、当初は単に奉仕活動中心に展開されていたが、
現在では、全国的規模での都道府県、地域によっては市町村単位組織での運動が
展開されるまでになっている。
この運動が始まって、わずか十五年の歴史だが、この間いろいろな出来事があった。
運動理論、組織、財政、活動に関すること、人間関係等、様々な問題が生まれた。
わずか十数年の歴史の流れの中にも運動を左右する貴重な足跡が残されているようだ。
先に書いたように、今、明社運動は一つの大きな曲り角に来ていると思える。
この運動の基本原則、基本方針として進めてきた理想が、
現実社会に即応するのかどうか、
また、そのまま現実性、実現性があるのかどうか再検討する時に来ていると言えるようだ。
表面的に観れば、単に活動奉仕団体であり、
ボランティア活動の一環であるかのようである。事実そう思っている人が多い。
しかし、この運動の目的は社会改革運動として位置づけるところに、基本方向があり、
そこに、運動の意義、目的が生ずるものだろう。
社会改革と言えば、何か急激に物理的力、経済力によって
現在の社会体制に反体制運動として進めるという感を与えてしまうが、
社会を改革する方法して、何も反体制運動として進めるものでない。
破壊的革命でなくとも社会改革の方法はあるのである。
一般に革命と歴史的に言われてきたものを「外的改革」とすれば、
明社運動は「内的改革」の方法をとるものである。
まさしく明社運動は「新しい社会をつくる」歴史的試みの運動と言える。
本運動がこれからも奉仕活動組織として、
ボランティア運動として方向づけしていくのか、
または、社会改革運動として方向づけしていくか。
この点が曲り角とか分岐点に来ているといわれているのである。
また本運動のきっかけは、一宗教家によって提唱されたことであり、
どうしても宗教団体に属する人の参加が熱心で、
宗教運動とみられることがマイナスに作用していることもある。
ここに本運動が宗教的色彩の強い運動から、
いろいろな価値観、人生観、立場、職業をもつ住民を巻き込んだ
住民運動へ方向づけられるかが、今後の本運動の将来にかかわる課題がある。

本運動にとって大事なポイントは時代を先取りし、
既成の価値観、時代風潮をリードする先見性が必要となる。

「明るい社会づくり運動 行動と理念」 日本を支える大きな蜒りに  
               初版 昭和61年6月1日 (序文p8~10)
               著者 佐 藤 秀 裕
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

佐藤秀裕氏は当時の時代背景を含め、
この明るい社会づくり運動の大きなターニングポイントを的確にとらえていると思います。
後日に記載させていただきますが、庭野日敬師の明るい社会づくりに対する、
お考えなどをかみ合わせると、とても意義深く大切な内容のお話です。

私は、これからの明るい社会づくり運動には、
このような視点や感性を持ち合わせるリダーが必要不可欠だと思っています。

私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページ
              http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆

大事をなす人とは、- 庭野日敬師のお言葉 [庭野日敬師の言葉]

私は常々思う事に中に、

「どこまで馬鹿になりきれる事が出来るのか」が私自身の課題だと思っています。

それは、口先は綺麗な事を言っていても、

その内心は自身の思惑や損得ばかりを考えている方々を

たくさん見て来た事もあると思います。


様々なタイプの人達と触れ合う中で自然とそのように考えるようになりました。


また、逆に「私は自身の思惑や損得で動くのだ」と言っている方もいますが、

その人の方が正直で、嘘を言わない分いいかなとも思う時もあります。


d1706ef6bce73eb5cd98f632bd6bfecf.jpg



色々なタイプや考え方がありますが、

庭野日敬師は、以下の事をおしゃっていますが、あなたはどう思いますか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はいつも、みなさんに「ばかになれ」とおすすめするのです。

もちろん「ばか」といっても、愚か者のことではありません。

現代人は、毎日、知識のシャワーを浴びているようなもので、

頭のよい人、利口な人ばかりが多くなっているようです。


頭がよすぎると、人の言うことがばからしくて聞けなくなります。


人の言うことを素直に信じることができなくなり、

なにごとも先を見通せるつもりで、

「そんなことは、とても不可能だ」と決めつけ、

初めから手をつけようとしない、といった生き方になりがちなのです。


それにひきかえ、利口ぶらない人は、

みんなが「できない」と決めてしまうことでも、

「これが正しい道ならば」とコツコツと手がけて、

ついに大事を成し遂げてしまうのです。


これが、私の言う「ばかになる」ことです。


初めのうちは、

「あんなことをやっても、むだなのに」と冷ややかに見ていた人たちが、

うならずにいられなくなってしまうわけです。

自ら志願してばかになりきる、その心のゆとりこそが大切なのです。   


庭野 日敬 著 『開祖随感』 (佼成出版社) より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あなたは、いかがですか。


私の今年のキャッチフレーズは、「前に、さらに前に前に・・・・・」


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆
庭野日敬氏の目指した明るい社会づくり運動のホームページはこちらです。
                     http://www.meisha.me/
☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog